• タグ別アーカイブ: 羞恥
  • エッチな学園性活/モアレ検査

    前の話 目次 次の話

    
    
     前の測定で体操着を全て脱がされ、ブラジャーさえも取られ、あたし達女子はパンツ一枚の姿のまま、次の検査の教室へ向かって、廊下を歩く羽目になった。
     恥ずかしすぎる……。
     だって、廊下には測定とは関係のないクラスや学年の男子が集まっている。ひょっとして、この日のためにわざわざ集まったんじゃないかというくらい野次馬がこぞってきて、あたし達の歩く列をニヤニヤしながら見つめてくる。
     せめて移動中くらいは服を着せてくれたっていいのに、この学校ではこんな当たり前の願いすら叶わないらしい。もっとも、もしそれが叶うくらいだったら、最初から男女混合検査なんて真似はされないんだろうけどさ……。
     ようやく、廊下の視線地獄を通り抜ける。
     次の検査はモアレ検診……。
     専用の機材を使って背中を撮影し、背骨に歪みがないかを見るためのものらしい。その際、パンツをずらして、ちょっとだけお尻を見せなくちゃいけないことから、別名半ケツ検査とも呼ばれるんだとか。
     女子高生好きの変態岡部が、実に嬉しそうな顔で説明してくれた。
     こいつ、みんなのお尻を見るのがよっぽど楽しみなんだろうね。女子一同は逆に、これからしなきゃいけないことに、既に涙目になりかけたり、悔しそうに歯軋りしていたりだ。
     で、あたしの番……。
     あたしは撮影機材に背中を向け、直立姿勢で立つ。
    「ではお尻を約五センチ程度見せてください」
     撮影者の言い回しも、どこか卑猥だ。
     あたしは恥ずかしさと、それから男子の好奇の目線に耐えながら、白と水色の縞々パンツに指をかけ、ゆっくりとずり下ろす。
     約五センチと言われたけど、冗談じゃない。
     せめて露出面積だけでも減らしてやろうと画策し、あたしは三センチ程度を意識しながら、少しだけお尻を出した。
    「おお! やっぱケツも綺麗だ!」
    「なあ、さっきまでの女子とどっちがいい?」
    「俺は断然咲夜がいいなあ」
     こんなことであたしが良いと言われたって、嬉しくないっての。
    「みんなちょっとは女子に気を遣ってよ!」
    「この学校じゃ、だからそういう気遣いは無用なの」
     どうせ言っても聞いてくれないだろうとは思った。
    「みんな最っ低!」
     あたしはせめて侮蔑を吐いてやった。
     この検査は女子だけなので、そもそも男子は同室にいなくてもいいはずなんだけど、みんな当たり前のように着いて来ている。で、撮影と女子の列を邪魔しない、けれどあたしにギリギリまで近い位置に陣取って、こぞってあたりの裸体を覗いてくる。
     お尻だけでなく、胸も太もも、全身が男の視線に撫でられて、肌全体がぞわぞわしてしまう。
    「次は体をくの字に折って、両腕を真っ直ぐ伸ばして膝に乗せてください」
     後ろを向いる関係で確認できないけど、どうやら直立姿勢での撮影は済んだらしい。
     あたしが言われた通り、腰をくの字に折り、お尻を後ろへ突き出すと、またまた男子は歓声をあげた。
    「咲夜さん。お尻も全部出しちゃってください」
     え? そんな!
     あたしは撮影者の心無い言葉に驚愕した。
    「前の人も少しだけだったじゃないですか! どうしてあたしだけ」
    「人によって微調整が必要でして、さっきまでの皆さんは半分で良かったのですが、咲夜さんの場合、お尻は丸出しにしてもらった方が異常の有無をチェックしやすいです」
     どうせ、人のお尻が見たいだけなんじゃないの? 一体、どんな場合があれば丸出しが適切になるのか、さっぱりだ。
     心の中ではそう思うけど、この学校のそもそもの制度を思うと、下手に反論を粘れない。いや、実際は粘りたい気持ちはあるけど……。
     結局あたしは、涙を呑んでパンツを下げ、お尻を丸出しにした。
    「やっぱ形もいいなあ!」
    「腰つきからお尻の丸みまでのカーブが絶妙でエロい!」
    「おいおい、太もものラインも見逃すなよ?」
     男子は相変わらずに感想を述べ合い、興奮し合う。前の女子とどっちがいいかとか、体つきの批評とかを語り合ったりして、まるで女体の品評会だ。その品定めの対象にされているかと思うと、屈辱と恥ずかしさでたまらなくなる。
     そんな男子をキッと睨みつけると、
    「お? 睨む顔もいいねぇ」
     と逆に喜ばれる。
    「ケツ出しながら怒っても説得力ないぜー?」
     侮辱の言葉を返された。
     コイツら、殺したい!
    「肌は雪みたいに白いし、尻と太ももの肉はほどよい具合に膨らんでいる」
    「オッパイも大きいし、形も良くて美乳だよな」
     口々に言い合っているのを聞くたびに、恥ずかしさの度合いも猛烈なものになっていく。
     人の体見て、勝手に品評会を開くな!
    「はい、いいですよー。綺麗なお尻でしたね、咲夜さん」
     やっぱり、撮影者もあたしのお尻が目的だったんだ。
     あたしは即座にパンツを履き直し、両胸を腕で覆った。
    「咲夜、お前のケツ最高だったぜ?」
    「うるさい!」
     クラスにはこんな奴らばかりなのか。
    
     検査はあといくつ残っているんだろう……。
    
    

    0

  • エッチな学園性活/身体測定-聴診検査・乳がん検査

    前の話 目次 次の話

    
    
    
    「如月咲夜さん」
    「はい……」
     とうとう、あたしの番だよ。
     あたし達のクラスは心臓の音を診てもらうため、男女別の列で医者の前に並んでいた。うん、列は別々だよ? でも別になっているのは列だけで、部屋は同室って何でなの? おかでで、順番の早い女子はみんな、服をたくし上げるところをまじまじと覗き見られていた。
     あたしも、これから男子に見られちゃうんだ……。
     暗い面持ちにならざるを得ない。
     だいだい、医者のおじさんまでいやらしい笑みにやついてる。頭の中がエロでいっぱいであろうことは、もう目を見ればわかるってレベルだ。胸を見せる恥ずかしさは、あくまで診察だって思えばこそ抑えられるものなのに、問題の医者がこれじゃあ羞恥心を堪えきれない。
     しかも、横にならんだ男子達も前のめりになって、一生懸命にあたしの診察を覗き込もうとしてる。後ろの方ならいざ知らず、先頭数人の男の子の角度なら、確実にオッパイを見られてしまう。
     それでも、受けなきゃこれも終わらないんだよね。
    「では咲夜さん。さっそくオッパイを出してくれますか?」
     うわぁ……。
     医者が診察の時に、こんな言い方するかなあ? 普通しないよね。
     あたしは体操着をたくし上げ、ブラジャーに包まれた胸を晒した。横で並んでいる男子の視線が突き刺さって、恥ずかしい。もう一秒でも早く終わって欲しい!
     せめて覗いてくる男子には見えないようにと、腕でどうにか胸を庇う。
    「ブラジャーもたくしあげてください」
    「え、これもですか?」
     そんなあ……やっぱり生で晒さなきゃいけないんだ。
     下着の上からで済ませてくれるのを期待していたのに、それはあっさり破られた。
     あたしは恥ずかしい思いを堪えながら、下着も一緒にたくし上げて両胸を露出した。
     あたしの胸、巨乳って程じゃないけどお椀サイズよりは大きくて、我ながら形も整っている。なればこそ、ちゃんと好きになった相手にだけ見せたいと思っていたのに、医者どころかクラスの不特定の男子に見られるなんて、サイアクだよ。
    「じゃあ、乳がん検査しますね? 触診でしこりがないかを調べます」
     へ? それって暗に揉みますって言ってるようなもんじゃ?
     ていうか、心音を診るんじゃなかったの?
     だいたい、それにかかるのは三十代か四十代あたりが多くて、十代のうちは検診もないと聞いたことがある気もするんだけど、もしかして揉みたいがためにこんなことを? そうとしか思えない。
    「あの、ちょっと待っ――」
     あたしの言葉よりも早く、医者の手が両胸を鷲掴みしてきた。
     医者はにやにやして、いやらしい笑みを浮かべながら、乳房の肉をじっくりとほぐしてくる。指の一本一本が柔らかくめり込んできて、その淫乱な技巧に刺激されてしまう。
    「うぅっ……」
     横に並ぶ男子達も、こちらを見よう見ようと腰の角度を変え、とにかく覗き込もうとしてくる。「うわぁ、すげぇ」「咲夜のオッパイ綺麗じゃん」そんな感嘆の声まで飛んできて、恥ずかしさで頭がどうにかなりそうだ。
    「あの、早くして下さい」
     あたしはつい、そんな事を言わずにはいられなくなる。
    「ええ、じっとしてくれたらすぐ終わりますよ? 乳房は異常なしのようですが、しこりは乳首に出る場合もあるので、そちらも触診させて頂きます」
     医者はあたしの乳首をつまんで、優しい力加減でつねってきた。
    「いっ!」
    「痛かったですか?」
    「いえ……」
     痛むというほど、力は入れられていない。あくまでやさしくつねってくる。それから、人差し指でぐりぐりとマッサージをしてきた。
    「痛いのでなければ、感じていらっしゃるんですね?」
     くそぉ、なんてセクハラ質問だ。
    「別にそういうわけでは……」
     あたしはそうやってこの場を濁そうとするけれど、医者はそれを許してくれない。
    「咲夜さん。痛くはなかったのですよね?」
    「そうですけど」
    「でしたら、感じてもいないのに声が出るのはヘンでしょう。診察に差し支えますので、正直にお答え下さい」
     くうぅぅ……。
     診察に性感が関係あるなんて、聞いたことない! っていっても、あたしはあたしで乳がんの知識もなければ、診察の知識もありはしない。素人という立場じゃ、下手な反論が出来ないよ。
     悔しい……。
     こいつ、絶対半分以上はエロ目的のクセに!
     横に並んでいる男子も、あたしの返答を心待ちにしてごくりと息を呑んでいる。
    「少しだけ、感じました」
     あたしは男子には聞こえないよう、だけど医者にだけは聞こえる、そんな絶妙な声量を意識しながら返事をした。
     どうやらうまくいったようで、男子達は聞き取れなかったのを悔やむ素振り。医者は頷く素振りを見せる。
     しかし……。
    「感じたということですね? わかりました」
     こいつ! わざわざ男子に聞こえるように言いやがった!
    「咲夜の奴マジかよ」
    「診察で感じたって?」
    「結構エロいんだな」
     男子達は口々に勝手な噂話をひそひそし始める。
     あたしはもう、顔が真っ赤になった。
    「乳首も異常なし。では聴診器を当てますので、ひんやりしますが我慢して下さい」
     うぅ…それがメインだった。
     早く終わりますように、とあたしは心の中で祈りを捧げる。
     右乳首の上に聴診器があたり、あたしの胸はぷにゃりとへこんだ。医者はこうして、音を聞いている間中、あたしのオッパイをじろじろ観察し、口元でにやけまくる。
     やがて医者は聴診器をぐりぐりと回すように動かし、あたしの胸を刺激しだした。
     この医者め、もう音は聞けたんじゃないの? でもせっかくのチャンスだから、わざと長引かせてこんなことしてるんじゃないの?
     このあたしの考えは、あながち思い込みではなさそうだ。
     何せ、誰が見たってわかるくらい、医者はいやらしい顔つきをしている。
    「あの、ちょっと長くないですか?」
     と、あたしは言った。
     遠まわしに、セクハラしてねーでとっとと終われ、っていう意をたっぷりと込めたつもりだ。
    「そうですね、こっち側はもういいでしょう」
     意図が通じてか、聴診器が左の胸に移った。
     だが……。
    「!」
     あたしは驚愕した。
     医者は何故か、開いた左の乳房をさも当然のように鷲掴み、再び揉み始めたのだ。
    「あの! 乳がん検査はもう終わったんじゃないんですか?」
    「ええ。ですが、気になる部分を思い出しましてね。気のせいかもしれませんが、見落としがあっては一大事なので念のために」
    「そう…ですか」
     生徒の立場で医者には反論できない。
     目を見れば、こんなわかりやすい奴のいやらしい意図くらい、すぐに読み取れるものだったけど、こんなものは証拠にならないし、そもそもこの学校自体が、三年間体を捧げる条件で女の子の学費を免除する、という制度を取っている。仮にあたしがセクハラの証拠を突きつけたとしても、学校側がしかるべき対応を取るのは間違いないし、結果的に不利になるのはどうせあたしなのだ。
     医者は右のオッパイを揉み続けながら、左胸に当てた聴診器をぐりぐりしてくる。位置を変えるフリをしながら乳首をこすったり、押したりを繰り返してくる。
    「まあこんなものでしょう。次は背中の音を聞きますので、後ろを向いて下さい」
     何が、こんなものでしょう、だ。
     人のオッパイで勝手に満足しやがって!
     あたしは悔しい気分になりながら、晒した胸をしまって後ろを向く。生乳公開の終了に、男子は「もう終わりかあ」と残念そうにしていたが、こっちは逆に、露出地獄を抜け出せてホッとしたよ。
    「咲夜さん、すみませんが皮膚の状態も同時に診ますので、次は上半身を全て脱いでいただけませんか?」
     へ? 何言ってんの?
     医者がヘンな事を言ったせいで、男子達が期待に目を輝かせ始めた。「マジ?」「今度はちゃんと見れんじゃん!」「咲夜、早く脱げー!」と、勝手極まりない声の数々が聞こえてくる。
     あたしは羞恥心で身を縮めた。
     なんなんだよ、この男共は!
    「あのお、今脱ぐ必要性って……」
    「ですから、背中の皮膚全体も同時に目で診察いたします。なので、たくし上げるだけでは肩にかかった布地が邪魔になりますし、ブラジャーのヒモも好ましくありません」
     くそぅ……普通に嘘臭ェ……。
     なのに制度を思えば、あんまり過度には逆らえない。
     でも、脱ぐのはせめて医者の前で! そして、両手でオッパイを隠してから、もう一度背中を向け直す! そうすれば、胸を見られる時間を少しは減らせるし、見られる男子の数もどうにか抑えられる。
     なんていう作戦を、あたしは即座に思いつく。
     そして振り向こうとしたんだけど……。
    「いいですか? こちらに背中を向けたまま脱いで下さい」
     と、指示を下されてしまった。
     ……もう、やるしかないってわけね。
     好きでもない、ましてや入学して日が浅いために喋ったことすらない男子の前で、脱がなくちゃいけないなんて……!
     あたしは悲しさと悔しさを噛み締め、たどたどしい手つきで体操着の上を脱ぎ去る。男子達の「おっ?」という歓声が聞こえて、下着を脱ぐのをためらった。
    「咲夜さん。次がつかえますので、早くして下さい」
     いやらしい医者が、無情な言葉をかけてくる。
     あたしは意を決して、自分の背中に手をまわす。ブラジャーのホックを外し、肩からヒモを下ろし、生乳を再び晒し出した。
    「おお! 結構大きさあるじゃん!」
    「肌も白くてすべすべだし、いいよなあ」
    「触りてぇ~」
     男子達はこぞってあたしに視線を集め、列をくずしながら、群がるようにして覗き込んでくる。
     あたしはたまらず、両腕で胸を隠した。
    「さっきからジロジロ見ないでくんない? 女子に気を遣おうとか思わないの?」
     これは当然の主張だと思うんだけど、しかし。
    「この学校じゃ、そんな気遣いは無用なんだよ」
    「ほら、見せろ見せろ」
     うぅ……見せたくない。
     だけど医者が後ろから、
    「咲夜さん。両腕はちゃんと下げて、気をつけの姿勢になってください」
     わざわざ姿勢を支持してきやがった。
     もう! それに何の意味があるってわけ?
     しぶしぶ両腕を下げると、男子達の目が輝く。
    「いいオッパイだよなあ」
    「揉んでみてー」
     感嘆の声が飛んで来た。
     あたしはそんな無作法な連中を睨みつけてやるけど、にやにやするばかりで、誰も目を逸らしてくれる様子がない。
     背中には、聴診器が当たってきた。
     あたしはとにかく、この恥ずかしい時間が一秒でも早く終わるのを望み、羞恥心に耐えながら目を強く瞑る。
     背筋では、聴診器が位置を変えながら心臓の音を辿っている。
     それだけでなく、医者の余った手が首筋を撫でてきた。
    「ひっ!」
     あたしはつい声を上げてしまう。
    「また感じましたか?」
    「まあ……」
     嘘をついてもややこしくされるので、素直に答えるしかない。
    「感じましたか。生理的反応ですからね。仕方ありません」
     慰めのつもりか? だとしたら最初からセクハラをするな。そして死ね。
     それでも、医者の手はあたしの背中を這って、ついには腰まで撫でてくる。くびれを通り越して、わき腹をさすられ、さらに乳の側面に指を伸ばされる。
    「おお?」
     男子達は一斉に、期待に目を膨らませた。
     そして――。
    「心音は取れました。最後に、もう一度だけ乳がんのしこりを再確認しましょう」
     医者はあたりの両脇から手を差し込んで、またも揉み始めた。
    「そんな…またなんて…!」
     あたしの悲痛の思いも、届くことはない。
     医者は無情にもクラスの男の子達の見ている前で、乳首を指でころがしつつ揉みしだいてくる。強く、優しく、力加減に変化をつけながら、執拗にほぐしてきた。
    「おお! すげえ!」
    「咲夜、表情もエロい」
    「ありゃ感じてるよ」
     みんなは口々に興奮し合い、あたしをじっくりと観察してくる。
    「乳首が勃ってますね」
     医者はわざとらしい大きな声で言った。
     くっ……こっちは恥ずかしいのに! 男子は女子の羞恥心に対しては気遣いなしか! 
    「へえ? マジか」
    「俺もつまんでやりてえよ」
     男子の声が、あたしの恥辱を駆り立てる。
    「これは気持ちいいですか?」
     医者はあたしの乳首をつまみ、転がし、丁寧にほぐしてくる。
    「はい……」
     こんな質問にも、あたしはちゃんと答えざるを得ない。
    「わかりました。どうやらしこりの方は完全に心配いらないようです。咲夜さんは感度も良いようですので、このへんでよろしいでしょう。はい、もう着替えていいですよ」
     検査終了が告げられるや否や、あたしは大急ぎでブラを付け直し、体操着で裸体を隠すのだった。
     ムカツク……ふざけた羞恥プレイしやがって。
     こんな医者のいる病院には絶対にいきたくない。
    
     でもまだ、他にも検査あるんだよねぇ……。
    
    

    0

  • エッチな学園性活/プロローグ

    目次 次の話

    
     あたしが入学した高校はとてもエッチで、女の子にとっては良いとこなし、男の子にとっては天国な学校だ。
    
     あぁ、何でこんなとこ入学したんだろう?
     なんて、自分で決めたことながら、ついつい後悔せずにはいられない。うちは昔から貧乏だったから、あたしを高校へ行かせるお金もあんまり足りていなかったらしくて、そこで目についたのがここ――黒坂高校。
     黒坂高校は施設がかなり豪華で、学食も無料で、全教室にエアコンが完備されてて……ていう、まるでお金持ち学校かよってくらい、高級施設が揃ったところなのだ。授業内容もわかりやすいらしくて、進学もしやすいと聞いている。
     しかも、学費無料!
     話がうまいにも程があるよね、普通は怪しむ。
     けど、志望校を探していた当時、家計の問題で通える高校が中々見つからなかった。奨学金も応募者多数で抽選になっちゃったから、取れなかったし、もう行き先は見つからないんじゃないかとさえ思っていた。
     そんな状況で怪しい話を知ってしまい、馬鹿なあたしはころっと騙されてしまった。
     というより、地の底にいる時に糸が上から垂らされていたら、掴んで這い上りたくもなってしまう。って心理から、知らず知らずのうちに危険な蜘蛛の糸を掴んでいたってとこなのかな……。
     ともかく。
    
     なんとここは、女子生徒を使ったエッチなイベント行事が組み込まれた、とんでもなくハレンチな学校だったのだ!
    
     無料である代わりに、女の子は三年間体を捧げ続けなければならないという。
     しかも、途中で退学しようものなら、チャラだったはずの学費を蒸し返され、それまで在学していた分を支払わなければいけないとか。んで、その金額ときたらもちろん多額で、貧乏なあたしのウチじゃ返せっこない。
     もしも学校側から下されるエッチな命令に逆らえば、強制退学ってこともあるそうで、嫌なことにも涙を堪えて従わなくちゃいけないっていうさ……。
     そんな最悪極まりない場所に、あたしは入ってしまった。
    
     そんなあたしに、最初に待ち受けるのは――
    
     ――身体測定……。
    
     本来なら男女別でやるべきものを、この学校はどうやら混合でやるらしく、これもエロいイベントの一つといわれてるらしい。
     あたし、もう既に体操着。
     男子が横で見ている中、心音検査の順番待ちです……。
    

    0

  • エッチな学園性活

    プロローグ

    身体測定-聴診検査・乳がん検査

    身体測定-伸長・体重・スリーサイズ

    身体測定-モアレ検査

    身体測定-ギョウチュウ検査

    身体測定-女性器検査

    身体測定-性感測定

    保健室でのこと

    身体測定-精液採取の補助1

    身体測定-精液採取の補助2

    身体測定-精液採取の補助3

    痴漢専用通学バス1

    痴漢専用通学バス2

    服装チェック

    体育の授業で・・・

    体育の授業で・・・2

    体育の授業で・・・3-観月視点

    体育の授業で・・・4

    体育の授業で・・・5

    体育の授業で・・・6

    保健体育1

    保健体育2

    保健体育3

    保健体育4

    恥辱の午後1

    恥辱の午後2

    0