• タグ別アーカイブ: 心電図
  • 官能的な総合病院の日常


     
     
     リアリティの範疇に収まる作品でしょうか。
     別のAVなら、診察中に何故かペニスを取り出して、ありえないシチュエーションでフェラや絡みなどが始まることがあるものですが、こちらはそういうことはありません。純粋に医療フェチに向けられた仕上がりとなっており、基本中の基本である聴診シーンも楽しめる。
     患者なんかも、風邪で辛そうに咳き込みながら現れたり、マスクをしたりしています。
    「鼻がつまってます」
    「お腹がちょっと・・・」
     など、真面目な雰囲気の問診。
     
     
     

     
     
     
     患者さんはけっこう辛そうにしてきます。
     いかにも体調が悪そうで、咳き込んだりしている。
     
     
     

     
     
     
     下の画像のシーンは、聴診後にお腹の触診に移った場面になります。
     
     

     
     
     問診で「他に痛むところはありますか?」に対して「お腹」と答えているため、腹部を指で押したり、トントン叩いてみたりして、痛みが発生する箇所を確かめる。
     
     

     
     
     看護婦の存在もリアリティを高めている。
     
     

     
     
     座薬を入れる判断になり、挿入を行っている。
     その際、手が尻たぶの上に乗っかっている。
     
     
     
     
     
     

     
     
     心電図なんですが。
     これ、きちんと正しい位置に電極つけてるんですよ。
     
     

    (Google画像検索より)
     
     
     
     

     
     
     エコー検査は腹部。
     おっぱいにやってるところ見たかったなぁ・・・
     
     
     
     

     
     
     導尿カテーテル。
     
     
     
     
     
    レントゲン
     
     
     レントゲンにて、前をはだける瞬間がなんか好き。
     裸そのものより脱いでいる最中が好きな人って結構いますよね。
     いると思うんです。
     きっと、その延長ではだける瞬間が好きなのかも。
     
     
     全体的にリアル調。
     
     
     いやwwありえんだろwww

     ってなるようなシーンが極力ないように作られている傑作ですねこれは。
     

     
     
     
    FANZAで購入
     
     
     


  • ハレンチ・ザ・高校~羞恥の身体測定~ 心電図でニヤニヤ

    前の話 目次 次の話

    
    
    
     スリーサイズの次にあるのは、心電図検査とモアレ検査だ。
     それら二つは上半身裸で行う検査であるため、せっかく前の測定で脱いであるのだから、時間短縮のために着替えることなくそのまま移動しようという指示が出ている。
     そのため、男女共々上半身を丸晒しにしながら次の教室へ移動していた。
     男子はともかく、パンツ一丁ならぬブルマ一丁という格好で廊下を歩かなければならないなど、女子達にとっては羞恥的な一種の刑にすら思える。すれ違う他学年の生徒に体を何度もガン見され、いやらしい言葉を投げられ、全員が耳まで赤くなっていた。
     麗華、安奈、文香の三人はさきほどの担当教師のせいで濡れてしまっているので、胸を隠すと同時に手で股間を押さえている。若干前のめりになっているせいか、やはりオシッコを我慢している姿に見えなくもなく、絵としては情けのないポーズとなっていた。
     そんなポーズを、真面目な優等生である文香と、気丈に振舞う麗華の二人までもが取っているのだから、中々に面白い。
     巨乳である安奈の胸は腕一本では覆いきれず、乳首を隠せている以外はかなりの乳肉がはみ出ていた。プニっとした柔らかな潰れ方から、上下二つに割れて出て、その部分が歩く時の振動によってプルプル揺れているのだ。下手に全てを見せるより、人によってはこの方がそそられるのかもしれない。
     四人の中では、シミを作らなかったのは美冬だけである。だから股間を隠すことはなく、胸を覆うのに両腕を使っていた。
     半数近くの女子はヒップを測る際の尻責めと手マンで濡らされ、股に分泌液のシミを作ってしまっている。シミがない者であっても、パンツの内側は湿っている。まったくもって濡れていないのは少数だ。
    「あれ? さっきまで隠してなかったのに、何で今になってマンコ隠してんの?」
     男子の数人はそれをわかって、わざとそういうような言葉をかけていた。
    「おい、よせよ」
     と、制止に入る少しは正義感のある男もいたにはいたが、そんな人達ですら、結局は性欲に打ち勝つことはできず、チラチラと隠された女性器を気にしている。
     そんな男子は、大抵その視線の動きを指摘すれば黙り込むので、視姦行為を止める者などいないも同然であった。
    
     心電図検査の教室へ辿り着き、並ぶ列が作られる。
     最初は美冬が検査を受けた。
     検査用の土台に横たわり、仰向けのままぴしっと気をつけをする。ブルマから浮き出た股間も、裸の上半身も何一つ隠せない格好だ。
     その周りに男子はたかる。技師と並ぶ列の邪魔をしない程度の位置に陣取り、自分の検査が終わった順に野次馬に参加していく。
     まず、男の技師はロリティックな肉体にクリームを塗った。皮膚と電極のあいだに電気を通りやすくするためのもので、色は無色透明だ。
     その透明なクリームが塗りたくられていく有様は、まさにエッチなローションそのものだ。膨らみの薄い可愛い乳房が、クリームの水分によって卑猥な光沢を放っていく。腕はお腹も同様で、技師はついでに意味もなく脇に指を入れていた。
     そして技師は、美冬の身体に電極を取り付けた。
     手首と足首にはブレスレット状の、胸のあたりには聴診器にも似た形状のものを数個、それぞれ付け終わると、技師は専用機材に表示される心音図のようなものを読み取り、必要書類を記入していった。
    
     委員長の文香は、仰向けになっても股間だけは直前まで隠していた。
     中々アソコから手をどけようとはせず、恥ずかしそうにもじもじしている。
    「何でソコ隠してんの? 委員長」
    「よっぽど見せたくない状態になってんじゃねーの?」
     男子達は好き勝手にゲラゲラ笑い、いやらしい視線を文香に浴びせかけた。
    「こっちがどれだけ恥ずかしいかわかってるの? 本当にあんた達は――」
     文香は今一度男を注意しかけるが、「気をつけして下さいね~」という技師の指示に、無情にも遮られる。一秒でも長くソコを見られる時間を減らしたかったが、これ以上隠し続けるのは無理なようだ。
     見せたくない、だけどワガママを言っては検査の妨害になってしまう。
     文香は泣く泣く股間を覆う手をどけて、一番見せたくなかったシミが開放する。秘密の部分の濡れ具合を視姦に晒すなど、身を引き裂くような思いであった。
    「やっぱ濡れてるぜ? 単なる測定がよっぽど気持ちよかったんだな」
    「ああ、単なる測定だったのにな!」
     スリーサイズでは明らかにおかしな動きがあったのに、男子は『単なる測定』と殊更に言いながら、お互いに騒ぎあっている。担当者がいやらしい行為をしていても、それを黙認するのが暗黙のルールと化していた。
    「静かにしたらどうだ」
     麗華がそう注意すると、男子はしぶしぶ黙った。
     見るな、などと注意しても通用しないが、検査の邪魔だからうるさくするな、という注意ならば通用するようである。もちろん、視姦を止める効果は一切ないのだが、言葉による責めが縮むだけマシにはマシだ。
     技師は透明クリームを塗りつけ、乳房にぬるっとした光沢を与えていく。またも、意味もなく脇に人差し指を指し込み、くすぐってくるが、その後すぐに電極を取り付ける。
     クリームを塗るのと、電極の装着、心音図の読み取りに時間を割くためだろう。
     不幸中の幸い、スリーサイズよりはよほどはやく終了した。
    
     安奈もまた、ブルマの湿り気に対して嫌な言葉を投げつけられた。
    「うっひょ、やっぱ濡れてた」
    「だな、エロエロだぜ」
     麗華の注意が効いたおかげもあって、それらはひそひそ話に収まってはいたが、基本的に静かな部屋の中では、小さな会話であっても耳に入ってきてしまう。
     安奈の表情は屈辱に歪んでいた。
     ――なんでよ、なんでこの私がこんな目に!
     プライドの高い彼女は、この上ない悔しさを感じていた。
     それまでは男を見下し、女王のように振る舞い奴隷を踏みつけたことさえあったのに、その自分が羞恥に晒されるなど我慢ならない。だけど、検査だからワガママも言えない。そういう状況なのだ。
     しかも、巨乳であるためにクリームを塗りつける時間はやや長めであった。数字にすれば数分であるが、さきほどまで手早く済ませていたのと比べると、じっくり揉まれている。
     マシュマロのような柔らかな変形は、男子達の興奮を大きくそそった。
     揉みしだく手が離れたとき、大きな胸がいやらしいヌルっとした光沢を放っていた。
     やがて電極の取り付けは早めに済まされ、やがて開放される。
     しかし安奈の心は打ちのめされ、気を張るだけの意志力はなくなりかけていた。
    
     麗華のブルマは最もシミが濃かった。
    「うぉお、すげえ……!」
    「やばいくらい濡れ濡れじゃねーか……!」
     小声での歓声が響き渡り、麗華は表情を歪める。
     ――まずい、あんまり見られたらまた……。
     麗華は危機感を持って、誰よりも強く、一秒でも早く終わってくれと願っていた。
     羞恥という感情一つが性感帯を刺激したりもするのだが、麗華のお股はそれで分泌液の量を増やしかねないのだ。
     滑らかな丸みを持つ美乳に、技師がクリームを塗る。
     揉みくちゃにされる胸はどんどんヌルヌルになってゆき、その様子を男子はじっくりと観察する。その集団視姦に、しだいに女性器の内側が疼き、麗華は揉まれている胸だけでなく、アソコでも感じてしまった。
    「おやおや、麗華のシミが濃くなっていくぜ?」
    「ありゃもう、触ったら指とアソコのあいだで糸を引くこと間違いなしだぜ」
     その言葉は全て事実である。
     麗華の股間の湿りはみるみるうちに増してゆき、ブルマのシミを濃くし、その一点を黒くしてしまっていた。
     ――くそぅ、感じたくなどなかったのに!
     見られただけでも反応する、自分の肉体さえも麗華は憎んだ。
     そして電極が取り付けられ、検査から開放される。
    
     だが、まだ身体測定という名の辱めの地獄は終わらない。
     次のモアレ検査では、お尻を丸出しにしなければならないのだ。
    
    
    


     
     
     


  • ハレンチ・ザ・高校~羞恥の身体測定~

     
     
     
    身体測定のはじまり

    身長での羞恥体験1/2

    身長での羞恥体験2/2

    内科検診でおっぱい丸出し1/2

    内科検診でおっぱい丸出し2/2

    スリーサイズ測定がてらおさわり1/2

    スリーサイズ測定がてらおさわり2/2

    心電図でニヤニヤ

    モアレ検査でお尻丸出し1/2

    モアレ検査でお尻丸出し2/2

    体重測定は全裸で正確に

    尿検査もみんなの前で1/4

    尿検査もみんなの前で2/4