官能的な総合病院の日常


 
 
 リアリティの範疇に収まる作品でしょうか。
 別のAVなら、診察中に何故かペニスを取り出して、ありえないシチュエーションでフェラや絡みなどが始まることがあるものですが、こちらはそういうことはありません。純粋に医療フェチに向けられた仕上がりとなっており、基本中の基本である聴診シーンも楽しめる。
 患者なんかも、風邪で辛そうに咳き込みながら現れたり、マスクをしたりしています。
「鼻がつまってます」
「お腹がちょっと・・・」
 など、真面目な雰囲気の問診。
 
 
 

 
 
 
 患者さんはけっこう辛そうにしてきます。
 いかにも体調が悪そうで、咳き込んだりしている。
 
 
 

 
 
 
 下の画像のシーンは、聴診後にお腹の触診に移った場面になります。
 
 

 
 
 問診で「他に痛むところはありますか?」に対して「お腹」と答えているため、腹部を指で押したり、トントン叩いてみたりして、痛みが発生する箇所を確かめる。
 
 

 
 
 看護婦の存在もリアリティを高めている。
 
 

 
 
 座薬を入れる判断になり、挿入を行っている。
 その際、手が尻たぶの上に乗っかっている。
 
 
 
 
 
 

 
 
 心電図なんですが。
 これ、きちんと正しい位置に電極つけてるんですよ。
 
 

(Google画像検索より)
 
 
 
 

 
 
 エコー検査は腹部。
 おっぱいにやってるところ見たかったなぁ・・・
 
 
 
 

 
 
 導尿カテーテル。
 
 
 
 
 
レントゲン
 
 
 レントゲンにて、前をはだける瞬間がなんか好き。
 裸そのものより脱いでいる最中が好きな人って結構いますよね。
 いると思うんです。
 きっと、その延長ではだける瞬間が好きなのかも。
 
 
 全体的にリアル調。
 
 
 いやwwありえんだろwww

 ってなるようなシーンが極力ないように作られている傑作ですねこれは。
 

 
 
 
FANZAで購入