• タグ別アーカイブ: ボディチェック
  • 検査官の男とリズベット

    
    
    
    
     服を脱いだその体は、驚いたことに女であった。
    
     俺の住む町は巨大な防壁で囲まれている。東西南北にそれぞれ一箇所、合計四つある門だけから、町への出入りは可能である。
     防衛対策というものだ。
     高く分厚い岩の壁なら、ここいらの魔物ではよじ登れないし、やれオークやオーガの怪力をもってしても破壊はできない。おまけに門には常駐兵が置かれており、万が一にも侵入を試みる魔物がいたなら、直ちに討伐へ出動できる仕組みであった。
     ここを通ることができるのは、まず町から旅立つ手続きをした町人。許可証を持った商人や国の重要人物たち。
     そして、身体検査を受けた旅人だ。
     異国のスパイや人に化けた怪物なんて紛れ込んでは、町の損害になってしまう。未然に防止するためには、全裸に剥いて危険物の持ち込みを確認し、検査に従った者のみに入門を許可するのが一番いい。
     それはわかっている。重要な仕事だ。
     しかし、旅人とは多くが男だ。
     こんな場所の仕事に就かされた俺は、ホモでもないのに男の裸を検査して、見たくもない尻穴まて確かめなくてはいけないのだ。同性愛者の専門職にでもすればいいのに、何たって元は騎士団志望の俺が末端の汚れ仕事を受け持つ羽目になるのだか。
     もっとも、例えどんなに吐き気がしても、数ヶ月以上も続けていれば、嫌でも慣れるというのが人間だ。
     初めは精神的苦痛で鬱病になりかけたが、今となっては淡々と心を殺し、まるで商人が物品の品質確認でもするような気持ちでこなせるようになっていた。
     男の裸なんてと思うから、苦しいし吐き気がする。
     物体をチェックする仕事と思えば、いくらか気が楽になる。
     この切り替えができるか否かが、身体検査官の向き不向きを分けるらしい。悲しいことに俺は向いてしまっているわけだ。
     そんな俺の前に現われたのは、リズベットという旅の剣士を名乗る少年だ。
     彼は女と見間違えるような美少年で、ショートカットの髪の長さは少女に流行るヘアースタイルとよく似ている。随分と細身の綺麗な奴だと思っていた。
    「この町へ来た目的は?」
    「ボクは旅人として自由に生きています。この辺りで宿を取り、賃金を稼いで食料を補給すること。それから観光地なんてあれば、観てまわりたいと思っています」
     凛々しい声も、少年にしてはやや高めだ。
     この時点で、確かに違和感はあった。
     だからといって、普通は性別なんて疑うだろうか。世の中には女っぽい男もいるし、逆に男と見間違えるほどの男臭を漂わせた筋肉女も存在する。だいたい、背もそれなりに高かったんだから、誤解しても当然だろう。
     単純に線が細くて、女性的なルックスの少年なだけだと思っていた。
    「よくある理由だ。ま、こんな面談調査は形式上のもんだから、身体検査さえパスすれば基本的には町に入れる」
    「他の町では精神鑑定まで受けましたが」
    「ああ、他所ではやるらしいな。うちでは導入されてないから、あとは身体検査だ」
    「それも国や町によって基準がそれぞれですね。ここではどこまで脱ぐのでしょうか」
     誰だって、好きで尻の穴まで調べられたい人間はいない。
     せいぜい下着姿まで脱いで、簡単な衣服チェックで終わる程度のものを期待するのも、人として自然な気持ちだろう。
    「悪いがこの町では全部だな。規則だから破れない。ま、わかってくれ」
    「……わかりました」
     リズベットはまず腰のベルトを取り外して、金貨を入れるための布袋や護身用の剣をテーブルに置いていく。肩にかかったマントを脱いで、皮製の軽量鎧を上半身から取り外す。旅人が重量装備で歩くわけにはいかないから、軽さと丈夫さを兼ねた皮鎧というわけだ。
     あとはシャツもズボンも脱ぎ去って、リズベットは全裸になるだけだ。
     そこで俺は気がついた。
     妙に恥じらうのだ。
     シャツを脱ごうという直前で、頬のほんのりと染め上げて、俺の方をチラチラ見る。
    「どうした?」
    「脱いでいるあいだは向こうを向いてもらえるといいのですが」
    「駄目だ。その手を使って、検査官の背中を刺した盗賊の犯罪者が過去にいる。同じ事例を出さないための決まりで、必ずこちらを向いた状態で、正面から向き合ったまま脱ぐんだ」
    「そうですか。それもそうですね。わかりました」
     やけに悲しそうな、何かを諦めたような声だった。
     確かに男だって、人前で好きで脱ぐことはないだろう。上半身ならともかくとして、下まで含めて裸になり、これから検査を受けるだなんて、躊躇う気持ちが沸くのも自然なことだ。
     しかし、そうじゃなかったのだ。
     俺は何かを勘違いしていた。
     リズベットが泣く泣くシャツをたくし上げると、膨らんだ乳房を潰すためのアイテムが、いわゆるサラシというものが、その胸には巻かれていたのだ。
    「お、お前……! 女か……!」
    「……はい」
     恥ずかしそうにリズベットは答える。
    「何故、男の格好を?」
    「男装をした方が、野党やオークに襲われる確率が減るものですから」
    「なるほど、それもそうか……」
     俺は納得した。
     妙に線が細くて声も高くて、女性的な少年に見えたのは、リズベットが初めから女だったからなのだ。
     それも年頃の少女だ。
    「女性でも、規則に例外はありませんか?」
    「す、すまん。脱いでくれ」
    「わかりました」
     リズベットは羞恥の込み上げた赤い顔で、たどたどしくサラシを解き、膨らみかけの可愛らしい乳房をあらわにする。
     ズボンを脱ぐと、そこにはショーツと呼ばれる下着があった。ピンク色だ。リズベットは恥ずかしいのを我慢しながら、腰から膝へ、足首へと、だんだんとショーツを下げていき、一糸纏わぬ姿となった。
     なんてことだ。
     旅のために男装をして、性別を偽る女が存在するとは聞いていたが、何ヶ月働いても女の検査をする機会はなかったので、そんなものは迷信だと思っていた。
    
     ――いや、俺は女の裸を検査したぜ?
    
     かつて、同僚が酒を飲みながら自慢してきた。
     あの時は信じなかったが、今ならそいつを信じることができそうだ。
    「気をつけの姿勢で、指示がない限り動かないように」
    「は、はいっ」
     直立不動を保ったリズベットは、羞恥に歪んだ表情を浮かべて、胸もアソコも隠す事を許されない恥ずかしい状況を堪えていた。
     下の毛は薄い。三角形に整った草原は、薄い灰色の奥に肌色をチラつかせている。割れ目は綺麗に閉じており、いかにも男を知らない初々しい感じを漂わせていた。
     へへっ、こいつ上玉じゃないか。
     いや、俺は真面目な男だ。検査官の立場を利用して、少女を手篭めにしたとあっては、この町の評判にも響く。
     しかし、規則の範囲でなら、いつもより丁寧に検査をやっても、何ら問題ないだろう。
    「手術によって、皮下に物を埋め込む手口が存在するので、全身を手で確認する」
    「……は、はい。どうぞ」
     リズベットの声は震えていた。
     手を伸ばし、指先から肌に触れると、さらにビクンと肩を弾ませ、必死に目を瞑って堪え始める。
     俺はマニュアルに沿って顔やうなじに手を這わせ、腕や脇、背中や腰も調べていく。
     次に胸を揉んだ。
    「…………んっ」
     リズベットは驚くような喘ぐような声を上げ、全身を硬直させる。
     この手の平に収まる感じは素晴らしい。ふんわりと柔らかくて、しだいに突起してくる乳首が手の中央に当たってくる。乳首を指でつまんでやると、逃げるような身悶えで方をくねくねと動かし始めた。
    「動くんじゃない」
    「ごめんなさいっ」
     目に涙を溜め込んだ表情がたまらない。
     顔が完全に真っ赤じゃないか。
    「いいか? まだまだかかるからな」
    「……はいっ」
     さらに太ももを揉みしだき、膝やふくらはぎを確かめた俺は、台の上で仰向けになるようにと指示を出す。
     そして、両足を持ち上げた。
    「ひっ…………!」
     可愛い悲鳴が上がるのも当然だ。
     何せ、開脚した両足が天を向き、アソコの割れ目も肛門も、それに乳房も、全ての恥ずかしい部分が見えるポーズを強要したのだ。
    「そのまま自分の膝を抱えるように」
    「……………………はい」
    「次は尻だ」
    「んくぅ…………!」
     俺は尻たぶを鷲掴みにして、たっぷりと揉みしだく。
     アソコの中身を指で開けば、綺麗なピンク色の肉ヒダが、膣口を小さく開けている。この形状は環状処女膜というやつか。
     尻の穴も黒ずみがなく、綺麗な桜色から放射状の皺が伸びている。ここまで綺麗だと、排泄気孔であっても不潔なイメージが沸いて来ない。
     俺は指を入れた。
     膣内に物が隠されていないことを確かめるため、長く伸ばした一本の指を上から突き入れ、ゆっくりと沈めていった。
     温かくて、粘液のぬかるみが指全体にまとわりつく。
     俺は探るように指を動かし、膣内を調べ込んだ。膣壁をなぞるようにして、ゆったりとしたピストンで出し入れする。とっくに何もないのがわかっていても、なおも俺は時間をかけて女性器を探り続けた。
     指を抜いた後も、再度広げて膣口をじっくり拝む。
     クリトリスをツンツンついて、そのうち突起しないかと確かめる。
     割れ目を上下になぞるように愛撫する。
    「あとは尻の穴か」
     乙女としては、アソコと肛門のどちらが恥ずかしいだろう。
     男としては性器を触る方が楽しいが、少女への羞恥心としては肛門に賭けたい。
     よし、もっと恥ずかしがらせてやろう。
    「いきなり入れると痛いから、ちょいとマッサージをするぞ」
    「え? あ、はい……」
     そんな馬鹿な、と言わんばかりの顔をしていた。
     かといって、服を着ている俺の前で、自分はまんくり返しの状態では、精神的に意見を言い張る気力はなかったのだろう。
     リズベットは諦めたように横を向き、これからされることに耐えるため、唇を内側へ丸め込んで目を瞑った。顔の筋力が許す限りの限界まで、強く強く目を閉じているようだった。
     俺は肛門に指を触れ、グニグニと揉んでやる。
    「うぅ…………」
     リズベットは胸の上で両手を組み、指にまで力を加え、辛抱強く耐えていた。
    「肛門括約筋に力を入れろ」
    「……それは何故ですか?」
    「ほぐすためだ。肛門に指を挿入するのは意外と痛い。うちに支給されているジェルは出来が悪いから、ほぐす措置が必要なんだよ」
    「……わかりました」
     リズベットはより一層諦めの気持ちを深め、お尻の穴に力を入れる。
     ヒクンと皺が引き締まった。
    「力を抜け」
    「……はい」
     小さく絞られた肛門は、即座に緩んで皺を伸ばした。
    「それを繰り返して、肛門をパクパクさせろ」
    「そ、そんな……」
    「やれ」
    「……わかりました」
     肛門が動き始めた。
     力んでは緩み、力んでは緩み、その都度皺が引き絞られる。小さく皺を縮めた肛門は、力が抜かれるたびに元の形へと緩んでいき、またすぐに力が入ってキュっと締まる。
     その光景を見ているのが面白かった。
     何がって、表情だ。
     こうして恥ずかしい真似をさせ、ヒクヒク動く肛門を視姦していると、耳まで真っ赤な顔から存在しない湯気さえ上がって見えてくる。顔中の筋肉が強張った表情は、いかにも「恥ずかしい!」と叫びを上げており、普通の人生を歩んでいれば、まず味わうことはなかったほどの羞恥に苛まれているのがよくわかる。
     そんな恥じらい顔を隠したいかのように、必死になって横を向こうとしていた。もし自分の膝を抱える指示が無ければ、その両手も顔を隠すために使っていたことだろう。
    「こっちを向け」
     俺はそう言う。
    「…………はい」
     リズベットはその首から上だけが変色したといってもいいほどの赤面顔を俺に向け、目を合わせるのが気まずいように、視線だけを左右に泳がせていた。
     本当にいい眺めだ。
     尻もアソコも、恥ずかしがる表情も、全てが拝み放題だ。
    「そろそろか」
     肛門を指でツンと突き、リズベットは顔を歪めて腰をくねらす。
     俺は指を挿入した。突き立てた指を肛門へと沈め、指の根元までを埋め込むと、マニュアル通りに中に物が隠されていないかを探り始める。時間をかけて調べ込み、やはり何もないのがわかっても、俺は丁寧な検査をやめなかった。
     やめるどころか、指をピストンしてみた。
     少しでも長く、恥ずかしそうな表情を見てやるために、ずっと出し入れし続けた。指を入れた状態のまま、再び肛門に力を入れる指示を出し、締め付ける力を確かめたり、肛門検査を済ませた後も、検査ミスの防止と言ってもう一度体中をベタベタ触り、お尻を重点的に揉みしだいた。
     リズベットはどんな気持ちでいただろう。
     男装なんて旅の護身目的に過ぎないだろうが、ここでは自分が女であることを嫌というほど証明され、この俺に時間をかけて遊ばれる
     人の尊厳を弄ぶのは、とても優越感のあることだった。