• タグ別アーカイブ: 医療羞恥
  • 密室処女~診察編~


     
     
     
     医療羞恥!

     医者と患者というシチュエーションの漫画自体が少ない中で、
     診察目的の医師が患者少女に恥ずかしい思いをさせていく描写がよい。

     セクハラ医師です。

     真面目な診察というより、セクハラ目的を持ち込んでいます。

     しかし、聴診器をしっかり当て、
     どうして脱衣を求めるのかの理由なんかも口にしながら、
     医療としての雰囲気を守りつつ、というのが良い点です。

     必要だから脱いでね、という指示を聞き、
     女の子は恥ずかしそうに脱衣に従う。

     1巻では触診が始まる前に終わってしまいますが、
     2巻では乳房を弄り、乳首をつまみ、
     ショーツ越しなもののアソコも触ってしまいます。

     3巻目に続く終わり方となっていました。

     2016年9月時点で、出ているのは2巻まで。
     いずれも本番はなく、医療羞恥の範囲を守っているのが素晴らしい
     なのですが、続きが出るなら結局は本番をやる可能性もあるので、
     果たしてどこまで羞恥を貫くのかは不明です。

     ただ、2巻までは羞恥を煽る描写に徹しています。

    ・聴診器が当たってくるのを気にかける
    ・脱衣を要求されて恥ずかしそうに脱ぐ
    ・医師の言葉によって羞恥を煽る

     「恥ずかしい年頃なのはわかるが、手で隠していては分からないからね」
     「学校の男の子たちは、まあ君たち異性の身体や裸に興味シンシンだろうが」

     羞恥度の高さはなかなか。

     もっとも、少し気にかかったのはイラストの使いまわし。
     漫画というより、差分付きCG集を漫画風にコマ割りした感じで、
     同一の絵のコピーペーストでページを稼いでいるのは気になりました。

     これをどの程度残念と思うかですね。
     逆にいえば、目立つ欠点はそのくらい。

     何にせよ、貴重な医療羞恥です。
     こうしたジャンルが今後も栄えるためには、
     この手の内容を一人でも多くが買ってくれればいいなと思います。

      ~追記~(2016 12/12)

     いつのまに続きが出ていたので、三巻と四巻分のレビューを追記。

     四巻までは挿入もなく、セクハラ医師による医療羞恥というポイントは維持されている。
     三巻ではお尻の穴の色が綺麗なことも台詞によって言及していてグっときました。

     さらに四巻では分娩台での大また開き。

     恥ずかしがっている顔がよく書けていたと思います。

     が、四巻のラストにも「つづく」とあり、語感以降ではどうなるのか。

     絵の使いまわしが目立つのは、既に上記で触れた通りです。
     元が200円(+税)なので気にしなければそれまで。

     『第一巻』

    FANZA/DLsite

     
     
     
     

     『第二巻』

    FANZA/DLsite

     
     
     
     

     『第三巻』

    FANZA/DLsite

     
     
     
     

     『第四巻』

    FANZA/DLsite

     
     
     
     


  • 偽りの治療室


     
     
     
    画風のせいかはわかりませんが、女の子がだいぶ本格的に怖がったり震えて見えます。
     
     
     
     
     
    プレイ内容がハードというわけではなく(鞭打ちしたり過度なSMで苦痛を与えるようなことはないのですが)、
    女の子のリアクションがなんだかガチっぽいとでもいいますか。
    本当に恐怖を抱いているような表情の描き方がされていたりするので、苦手な人は苦手かも・・・と思いました。

    全25ページで1~10ページ目までは診察という名目で進み、
    分娩台で足を開かせたり触診と言って胸を揉んだり。

    そして途中から肉棒が登場し、医療オンリーではなくなります。

    オススメ度としては他にレビューしてある「絶頂ループ!診察台でナカまで触診」の方が上ですが、 いずれも肉棒が出てきてしまうことには変わりありません。

    診察系エロを目当てに買うには、どの道その辺りを承知した方がよいでしょう。
     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入
     
     


  • 絶頂ループ!診察台でナカまで触診・・・先生、そこはダメッ!

    看護婦として初出勤になる主人公・宮沢沙織

    患者の気持ちを理解するためという名目でエッチな診察行為を受けていく内容です。
    挿入シーンはありますし、なので羞恥オンリーとはいえませんが・・・。

    これは診察なんだから、いかがわしい事ではないんだからと言い聞かせ、
    上半身裸になって聴診器を当ててもらう素晴らしいシーンがあります。

    触診という名目で二の腕や乳房をさわさわし、
    パンツ一枚にならせてお尻も触るというシーンがあります。

    打診器という道具で乳首やアソコをトントンするなど、診察行為になぞらえたエッチシーンで進めてくれている希少な漫画です。

    エコー検診、直腸検診までやってくれて最高なのですが・・・。

    ただ、前述通り挿入シーンはありまして、20ページ目でいきなり肉棒注射でお薬を打ちましょうなんて言い出します。 いえ、もちろんリアリティを完全に守りすぎたらアソコ丸出しの検査とか婦人科以外ではできませんし、 羞恥心に対する一定の配慮も本来ならありますし、ある程度のファンタジーは構わないのですが、 ここまで来て結局は肉棒注射だなんて・・・・・と、ちょっとそんな気分になってしまいました。

    その先はもう、分娩台に拘束して挿入とか。
    普通の陵辱系エロマンガでも読める内容です。

    が、1~19ページ目までは医療行為をなぞっているので、後半をオマケとして捉えれば診察系エロとして楽しめます。
     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入


  • あなずぽっ!!エッチな触診保健室


     
     
     
    タイトルの通り、エッチな診察をする内容の漫画です。

    といっても、結局は挿入シーンがあるので羞恥診察オンリーでやってくれているわけではありません。

    全28ページの内容で、具合が悪くなった主人公は保健室へ。

    すると聴診のためブラジャーを外すように言われ、さらに直腸検診でお尻の穴に指を入れられ・・・・。

    1~16ページ目までのあいだは、診察という体裁を守っています。

    が、それからは「何故か」舌でペロペロやりはじめて、やがて挿入シーンへとなっていきます。

    それでも医療系のエロシーンがあるのは事実なので、承知の上で興味があるならおすすめです。

    余談ですが、巻数番号で『1』とついていますが、今のところ続きはないようです。

    配信開始は2013/07/25

    このレビューを書いているのは2014/06/16

    果たして続きは出るのでしょうか・・・・?
     
     

    FANZAで購入DLsiteで購入

     
     


  • 学用患者の超羞恥体験


     
     
    羞恥のCMNF作品です。

    医学生の前で全裸、お尻の穴に体温計

    学用患者というタイトルに嘘はなく、分娩代でアソコをぱっくり開かれたり、写真撮影までされちゃいます。
     
    しかも空気を読まない本番シーンなんてありません。

    裸で院内を歩く羽目になる露出羞恥的シーンも見物

    やはり羞恥を謳うからには少女の「恥ずかしい!」って気持ちを表現して欲しい。

    この学用患者の作品もそうですが、「サークル4H」は基本的に「羞恥」に重点を置いているので、他にも素晴らしい作品でいっぱいです。
     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入
     
     


  • 羞恥!下半身丸出し総合病院 2


    この病院はとある方法により、
    同地区の他の病院より多くの患者
    とりわけ男性患者数の確保に成功している

     
     

     
     
     さて、前作「下半身丸出し総合病院」の第二弾にあたる作品です。
    上記のとある方法とは、タイトルの通り女性は下半身丸出しが基本とされる病院です。
    なるほど、診察では肌を見せるケースもありますので、初めから脱いでいれば効率がいいといえばいい。

    なので、効率優先なので女性は下半身丸出しにして下さいね。

    そういう設定です。
    ファンタジーというか、設定自体は非現実的です。

    しかし、設定の範囲内でリアリティを追及してくれています。

    もちろん、扱いが不当だ、訴訟だとまでやりだしたらキリがないので、そういう意味のリアリティではなく。

    当然、恥ずかしそうにしている女性の姿を楽しめるという意味でのリアリティです。

    例えば、下半身丸出しで院内移動をさせられます。

    交通事故で足を怪我したという設定の女性が、
    すぐに手術だからという理由で全裸の上から検査着を着用。
    キャスター付きベッドで院内を移動させられます。

    こんな格好で、男性の視線がある中を運ばれてしまうなんて。
    果たしてこの女性はどんな気持ちなのでしょう・・・・
    恥ずかしいに決まっているのに、お構いなし。
    視線を浴びる羽目になりながら、淡々と運ばれていく光景は素晴らしい羞恥です。

    手で隠したがる仕草が恥じらいの表れのようで可愛いです。
     

     
     
     
    ↓丈を思いっきり下へ伸ばそうと頑張っています。
     

    ・表情を歪める、丸出しを気にする仕草、周囲の視線を気にした挙動。

    恥らっていることを示す描写がきっちりと行われているのです。

    アップされた女性の表情が、いっぱい動きます!

    恥らう仕草もたくさんあります。

    もうこれ、「仕草」「表情」も完全に収録対象にしてくれていますよね。

    こんなに羞恥に力を入れてくれるだなんて。

    手術前の剃毛なのですが、こんなポーズをさせられている挙句
    一般患者に好き放題に見学されまくっちゃっています。

    恥ずかしそうな、弱い感じの声で「見ないで下さい」と、この女性は動画中に何度か言っているのですが。

    男達はさっぱり立ち去っちゃくれないわけですね。

    入浴介護が必要なため、一人では風呂に入れない設定の女性

    なんとなんと。

    女性一人に対して、他全員が男性ではありませんか。
    これでは視線に晒されてしまいます。
    もちろん、介護の方も男性になっています。

    この大事な部分を隠したポーズで、周囲を気にするような首の動きをみせるのです。
    チラチラとサイドを気にする首の挙動が、まさに恥じらいの表れとなるのでたまりません。

    女性「すごく見てるんですけど……」
    看護師「え?そうですか?」

    助けを求めるかのように告げるものの、特にフォローなんてありません。

    こんな恥ずかしい状況で、少しでも早く終わって欲しそうに見えるのは女優の演技のたまものでしょうか。

    しかも、このまま男性に体を洗われるわけです。
    最初はスポンジ(というかタオル)を使うものの、素手でオッパイを揉まれます。

    こんなポーズでお尻を綺麗にされちゃいます。
     
     

     
     
    お尻をアップに映して、肛門を指で綺麗にしているシーンもありましたが
    やっぱり表情がいっぱい動いて、恥らっているのがわかって最高です。
     
     
     
     
     
     
    待合室で聴診
     
     

     
     
    全裸で腰痛ストレッチ

     
     

     
     
     
    「仕草」「表情」がポイントである他にも、

    「え?脱ぐんですか?」「見てるんですけど・・・」「まだですか?」

    みたいな、切実な台詞も多々あります。

    以上です。
     
     

     
     
    FANZAで購入
     
     


  • 羞恥!下半身丸出し総合病院

    個人的には良作でした。

    女性の羞恥心などより効率が優先で、だから人前だろうとさっさと脱げという設定です。 普通に考えたら当然トラブルというか、抗議が起きたり面倒ですが、そこはリアルに考えずに まあエロが優先だからと軽く流していきましょう。


    で、肝心のエロシーンです。

    主に下半身を診察され、アソコや肛門を見られるシーンが多いです。

    そして、医者にいやらしさはありません。

    医療羞恥では医者がエロい顔をしているかどうかって重要ですよね。

    もちろんしているパターンもありで、黒塚もそういう小説を書いています。

    しかし、あくまで診察。別に裸が見たくて脱がせているわけでなく、 必要だからそう指示しているに過ぎないところがこの作品のいいところでしょうか。

    ただ、女優さんの一人語りはいらなかったような・・・・・・・。

    この作品、本編が始まる前に内容をダイジェストするような映像が流れ、 それでは『事の顛末をご覧下さい』という形式で内容が映し出されます。

    そのダイジェストシーンの最中、女優さんの心の声が流れてくるのですが・・・・・・。

    特に演技力があるわけではないので、完全に棒読みです。

    羞恥に震えた声が表現できていればよかったのですが、もう普通に棒読みに過ぎません。 そもそも、素人考えではありますが、羞恥心で打ち震えた心の声を演じるには、 きちんと演技の稽古をしていないと無理ゲーでは・・・・・という気がします。

    無理にそこは入れなくてよかったような。

    けれども、本編は見ごたえ有りです。

    医者も医者っぽい演技を意識していて、ああこういう風な態度してる医者いるよねっていうのがなんとなくわかります。

    というか、女優以外の脇役達には演技力があるのは何故だろう・・・・。

    FANZAで購入
     
     


  • ハレンチ・ザ・高校~羞恥の身体測定~

     
     
     
    身体測定のはじまり

    身長での羞恥体験1/2

    身長での羞恥体験2/2

    内科検診でおっぱい丸出し1/2

    内科検診でおっぱい丸出し2/2

    スリーサイズ測定がてらおさわり1/2

    スリーサイズ測定がてらおさわり2/2

    心電図でニヤニヤ

    モアレ検査でお尻丸出し1/2

    モアレ検査でお尻丸出し2/2

    体重測定は全裸で正確に

    尿検査もみんなの前で1/4

    尿検査もみんなの前で2/4
     
     
     


  • 栞子の乳房検診

    
    
    
     俺は思わず目を奪われた。
     篠川栞子。
     なんて綺麗な人なのだろう。
     学生時代から医学を学び、晴れて患者の診察を受け持つようになった俺は、まだまだ経験が足りないために女性の胸というものを見慣れていない。場数を踏んだ医師ならもっと見慣れているものなので、美人だろうと何とも思わずに診察に臨めるものなのだが、俺の場合はまだ完全には欲情めいた気持ちを封印できない。
     もちろん診察に支障が出るほど興奮したり、我を忘れて揉みしだくような真似は決してしないが、栞子ほどの美人では見惚れてしまう。
     黒髪の長髪。ブラウスの上からでもわかる大きな胸。
     うむ、衣服を内側から膨らませるような、こんなパンパンの巨乳をしていれば、男なら大なり小なり目を奪われるのが普通のはず。
     とにかく、冷静に診察をしなくては……。
    「あ、あの……。よろしくお願いします」
     なかなか気の小さい人らしい。
    「どうも、篠川さん。さっそく問診から初めていきましょう」
    「……はい」
    「妊娠や出産のご経験は」
    「ありません」
     栞子は顔を赤らめて、恥ずかしそうな細い声でそう答える。
    「性交経験は無いということですね」
    「…………はい」
     さらに恥ずかしそうにして、小さな小さな声で頷く。
     ふむ、処女か。
     なんとも初々しいというべきか。ちょっとした質問くらいで、ここまでモジモジする女性なんていうのは滅多にいない。
     というのも、乳がん検診に来るのは三十代や四十代の女性が多い。歳がいっていればいっているほど、既に経験があって見せ慣れている可能性は高まるし、診察を受けた場数のおかげで割りに冷静に服を脱ぐ。
     しかし、二十代でも症例がないわけではない。
     彼女は健康を思って来たのだろう。
     俺はさらに生理周期や病歴、家族暦といった必要な質問を行って、それらの回答について問診表にチェックを入れる。生理や月経について答えるときは、やはり恥じらいっぽく赤らんで、どうにも可愛らしかった。
    「では視診触診の方に移りますので、服の方をお願いします」
    「……はい」
     既に耳まで染まっている。脱ぐ前からこんなに赤くて、この人は乳房の視触診に耐え切れるのだろうか。
     栞子は衝立の裏へ移動し、まずは上から脱ぎ始める。
     衣擦れの音から、俺は想像した。
     裾の内側へ腕を引っ込めた栞子は、中から上へ持ち上げる形で一枚脱ぎ、軽く折りたたんだブラウスを脱衣カゴの中へそっと置く。男性医である俺の存在を気にしつつ、羞恥に染まった表情で背中へと手をまわし、ブラジャーのホックを外すのだ。
     ブラジャーが落ちないように、胸を隠すかのように、片腕で胸元を支えた栞子は、左右の肩紐を一本ずつ順番に下げていく。
     隙間から引き抜く形でブラジャーを取った栞子は、両腕でしっかりと胸をガードしながら、すっかり肩の縮んだ赤面姿で衝立の裏から姿を見せた。
    「……脱ぎました」
     椅子に座った栞子は、モジモジしながら両腕を横に下ろす。
     すごく、良い胸だ。
     ただ大きいだけでなく、綺麗な丸みのカーブを成して、美乳といえる形状なのだ。乳輪も決して大きすぎることがなく、小さすぎるわけでもない。
     こんな凄いおっぱいを観察できるなんて……。
     いや、あくまでも診察だ。医師というのは信頼が大切な職業なので、患者に疑われるようなことはあってはならない。
    「ではじっとしていて下さいね」
     俺はそーっと顔を近づけ、視診を開始した。肌質から皮膚疾患の有無を確かめつつ、表面におかしな凹凸がないかもじーっと見ていく。
    
     じぃぃぃぃ……。
    
     と、必然的に視線を注ぎ込む形となる。
     栞子は静かにじっとしているものの、顔が明らかに言っていた。
     ――は、恥ずかしいです……。
     大人しい彼女なら、控えめに小さな声で言うかもしれない。
    「同時に触診も行っていきます」
     断りを入れてから、俺は栞子の乳房に触れた。下から持ち上げるような形で指先に乗せ、手に重量を感じ取る。
     やっぱり、凄くいい胸だ。
     俺は鷲掴みにして指を沈め、しこりや異常な張りがないかを探り始める。診察目的のマニュアルに則した揉み方で、あくまで医療行為の範囲を外れないように務めた。
     いや、しかし――。
     少しは長めに触っていたい。
     ふと顔を見ると、栞子の頬は恥じらいで上気していた。
    「少しかかりますので、ご辛抱下さい」
    「は、はい。大丈夫です」
     俺はさらに探りを入れ、しこりの有無を確認すると同時に、揉み心地に関しても手に覚えこませていた。もっちりと張り付くようでいて、ふんわりともしている優しい質感が、柔らかな弾力で沈めた指をそっと押し返す。
    
     モミ、モミ、モミ、モミ、モミ、モミ――。
    
     じっくり揉み込む。
     顔にはいやらしさを出さず、真剣さを装い続けた。
    
     モミ、モミ、モミ、モミ、モミ、モミ――。
    
     とても心地良い。
     いつまで揉んでいられるだろう。
     長くやりすぎれば当然まずいが、もう少し揉んでいたい欲求もある。
     あと三十秒。
    
     モミ、モミ、モミ、モミ、モミ、モミ――。
    
     俺は普通の患者を揉むより長く、この手に栞子の乳房を味わった。