• カテゴリー別アーカイブ 漫画
  • レビュー » 漫画
  • 嵌事


     
     
     
     犯されながらも最後まで気丈さを保つ強気少女。

     ラストの一コマまでパッケージの表情を崩すことなく、堕ちることなく屈辱に耐えている姿がとても良いですね。快楽堕ちより気丈さを貫く方がイイという人には向いている作品です。

     挿入直前の台詞が、

    「さっさと挿れなさいよこのクズ……!」

     入ってしまった直後の台詞が、

    「別に……大したことないわよ……」

     はい、オススメです!
     
     
     
    FANZAで購入
     
     


  • 密室処女~診察編~


     
     
     
     医療羞恥!

     医者と患者というシチュエーションの漫画自体が少ない中で、
     診察目的の医師が患者少女に恥ずかしい思いをさせていく描写がよい。

     セクハラ医師です。

     真面目な診察というより、セクハラ目的を持ち込んでいます。

     しかし、聴診器をしっかり当て、
     どうして脱衣を求めるのかの理由なんかも口にしながら、
     医療としての雰囲気を守りつつ、というのが良い点です。

     必要だから脱いでね、という指示を聞き、
     女の子は恥ずかしそうに脱衣に従う。

     1巻では触診が始まる前に終わってしまいますが、
     2巻では乳房を弄り、乳首をつまみ、
     ショーツ越しなもののアソコも触ってしまいます。

     3巻目に続く終わり方となっていました。

     2016年9月時点で、出ているのは2巻まで。
     いずれも本番はなく、医療羞恥の範囲を守っているのが素晴らしい
     なのですが、続きが出るなら結局は本番をやる可能性もあるので、
     果たしてどこまで羞恥を貫くのかは不明です。

     ただ、2巻までは羞恥を煽る描写に徹しています。

    ・聴診器が当たってくるのを気にかける
    ・脱衣を要求されて恥ずかしそうに脱ぐ
    ・医師の言葉によって羞恥を煽る

     「恥ずかしい年頃なのはわかるが、手で隠していては分からないからね」
     「学校の男の子たちは、まあ君たち異性の身体や裸に興味シンシンだろうが」

     羞恥度の高さはなかなか。

     もっとも、少し気にかかったのはイラストの使いまわし。
     漫画というより、差分付きCG集を漫画風にコマ割りした感じで、
     同一の絵のコピーペーストでページを稼いでいるのは気になりました。

     これをどの程度残念と思うかですね。
     逆にいえば、目立つ欠点はそのくらい。

     何にせよ、貴重な医療羞恥です。
     こうしたジャンルが今後も栄えるためには、
     この手の内容を一人でも多くが買ってくれればいいなと思います。

      ~追記~(2016 12/12)

     いつのまに続きが出ていたので、三巻と四巻分のレビューを追記。

     四巻までは挿入もなく、セクハラ医師による医療羞恥というポイントは維持されている。
     三巻ではお尻の穴の色が綺麗なことも台詞によって言及していてグっときました。

     さらに四巻では分娩台での大また開き。

     恥ずかしがっている顔がよく書けていたと思います。

     が、四巻のラストにも「つづく」とあり、語感以降ではどうなるのか。

     絵の使いまわしが目立つのは、既に上記で触れた通りです。
     元が200円(+税)なので気にしなければそれまで。

     『第一巻』

    FANZA/DLsite

     
     
     
     

     『第二巻』

    FANZA/DLsite

     
     
     
     

     『第三巻』

    FANZA/DLsite

     
     
     
     

     『第四巻』

    FANZA/DLsite

     
     
     
     


  • 傀儡霊夢


     
     
     

     「悔しい!」 という部分を前面に押し出したエロ漫画です。

     世に溢れるエロ漫画の場合、最初は「くっ、殺せ!」なんて言っていながら、挿入されたら謎の淫乱化を果たして挙句の果てにはビッチになったり、セックスが大好きになっていたり、そういうオチがとても多いわけですが・・・。
     
     

     
     
     相手の悔しい表情を見るのがだいしゅき、とのことで、黒塚の好みと一致しました。
     
    ・フェラチオで精液を飲まされ「これで気が済んだでしょ・・・!!」
    ・正常位で挿入され「このクズが!!」と言い返す。
    ・悔しげに相手から顔を背けて耐えている表情。
    ・催眠の力で台詞と表情を操作され、トロンとした表情にさせられながら、
     心の中では「く、クソッ! こんな事まで・・・・・」と悔しがる。

     このように黒塚好みのシーンが詰まっていました。

     
     
     
    DLsiteで購入
     
     


  • レディ・ジャスティス


     
     
     
     これは「ちる露出」とか「露出少女遊戯」みたいな羞恥エロの仲間ですね。
     
     
     

     ・戦いでいつも服が破れて恥ずかしい。
     ・露出度の高いコスチュームで「裸よりはマシ、裸よりはマシ」と心の中で連呼。
     ・テレビ中継でパンツを映される。
     ・下着がなくなり、ノーパンで戦う羽目になる。
     
     
     

     特にノーパン状態で戦うシチュでは羞恥ものとしてのそれがよく出ています。

     飛んだり跳ねたりしにくいし、キック技なんて論外だし……。

     どうやって動けばいいのか悩みながら追い詰められ、酸の能力でスカートに溶かされる。

     だんだんと溶けていくことでスカート丈が短くなるので、

    「このままじゃ見えちゃう!」

     てな具合に大ピンチ。

     まさしく、戦うヒロインで羞恥エロをやったらこんな感じでは?

     というのがノーパンバトルには詰まっていますね。

     もっとも、スーツ破損でほぼ裸みたいな状態なのにマリス(敵キャラ)と普通に会話してたシーンは「オイ、羞恥心描写どこいった」って思いましたが

     惜しむべきはこれが少年誌掲載のもので、18禁じゃないので性器描写とかはありません。

     画力の方も、ジャンプには「ToLoveるだーくねす」があるので、あれと比べると…………。

     あの作者の描く女の子と比べると、どうしても絵のエロさに差がありますね。

     と、まあ微妙な点もあるのですが。

     「こんなに服がボロボロで、裸に近い状態で悪い奴と戦うのは恥ずかしい!」
     「だけど命のかかっている人達がたくさんいるし……」

     といった感じて、己の羞恥心と戦いながら敵を討つようなシーンが多々あります。

     基本的には黒塚のツボを抑えているので、羞恥好きの人なら読んで損はないでしょう。

     特にノーパンスカートで戦う展開は読んで損はないでしょう。

     2015年9/4 追記 

     一巻に収録されているのは7話までだったので、
     黒塚が気に入ったノーパン回は二巻あたりですかね。

     単行本では乳首が描かれておりました。
     
     

     
     
    DMMで購入


  • 偽りの治療室


     
     
     
    画風のせいかはわかりませんが、女の子がだいぶ本格的に怖がったり震えて見えます。
     
     
     
     
     
    プレイ内容がハードというわけではなく(鞭打ちしたり過度なSMで苦痛を与えるようなことはないのですが)、
    女の子のリアクションがなんだかガチっぽいとでもいいますか。
    本当に恐怖を抱いているような表情の描き方がされていたりするので、苦手な人は苦手かも・・・と思いました。

    全25ページで1~10ページ目までは診察という名目で進み、
    分娩台で足を開かせたり触診と言って胸を揉んだり。

    そして途中から肉棒が登場し、医療オンリーではなくなります。

    オススメ度としては他にレビューしてある「絶頂ループ!診察台でナカまで触診」の方が上ですが、 いずれも肉棒が出てきてしまうことには変わりありません。

    診察系エロを目当てに買うには、どの道その辺りを承知した方がよいでしょう。
     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入
     
     


  • 絶頂ループ!診察台でナカまで触診・・・先生、そこはダメッ!

    看護婦として初出勤になる主人公・宮沢沙織

    患者の気持ちを理解するためという名目でエッチな診察行為を受けていく内容です。
    挿入シーンはありますし、なので羞恥オンリーとはいえませんが・・・。

    これは診察なんだから、いかがわしい事ではないんだからと言い聞かせ、
    上半身裸になって聴診器を当ててもらう素晴らしいシーンがあります。

    触診という名目で二の腕や乳房をさわさわし、
    パンツ一枚にならせてお尻も触るというシーンがあります。

    打診器という道具で乳首やアソコをトントンするなど、診察行為になぞらえたエッチシーンで進めてくれている希少な漫画です。

    エコー検診、直腸検診までやってくれて最高なのですが・・・。

    ただ、前述通り挿入シーンはありまして、20ページ目でいきなり肉棒注射でお薬を打ちましょうなんて言い出します。 いえ、もちろんリアリティを完全に守りすぎたらアソコ丸出しの検査とか婦人科以外ではできませんし、 羞恥心に対する一定の配慮も本来ならありますし、ある程度のファンタジーは構わないのですが、 ここまで来て結局は肉棒注射だなんて・・・・・と、ちょっとそんな気分になってしまいました。

    その先はもう、分娩台に拘束して挿入とか。
    普通の陵辱系エロマンガでも読める内容です。

    が、1~19ページ目までは医療行為をなぞっているので、後半をオマケとして捉えれば診察系エロとして楽しめます。
     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入


  • あなずぽっ!!エッチな触診保健室


     
     
     
    タイトルの通り、エッチな診察をする内容の漫画です。

    といっても、結局は挿入シーンがあるので羞恥診察オンリーでやってくれているわけではありません。

    全28ページの内容で、具合が悪くなった主人公は保健室へ。

    すると聴診のためブラジャーを外すように言われ、さらに直腸検診でお尻の穴に指を入れられ・・・・。

    1~16ページ目までのあいだは、診察という体裁を守っています。

    が、それからは「何故か」舌でペロペロやりはじめて、やがて挿入シーンへとなっていきます。

    それでも医療系のエロシーンがあるのは事実なので、承知の上で興味があるならおすすめです。

    余談ですが、巻数番号で『1』とついていますが、今のところ続きはないようです。

    配信開始は2013/07/25

    このレビューを書いているのは2014/06/16

    果たして続きは出るのでしょうか・・・・?
     
     

    FANZAで購入DLsiteで購入

     
     


  • 全裸登校週間~開始の言葉~


     
     
     
    この内容は「 全裸登校学園 」の最初の方にあるエピソードとしても収録されていますが、漫画として読むのも面白いです。

    ノベルゲームで見る場合は、画像的にはCGが差分へ変化していったり、立ち絵が出てくるだけですが、 服を脱いでいく過程が一コマずつ読める楽しさがこちらの場合はあると思うのです。

    もちろんボイスは無しになりますが。

    全校生徒の前でブレザーのボタンを外し、スカートを下げ、ワイシャツを脱ぎ・・・・・・・。

    そして全裸になって、朝礼の言葉を述べる。

    内容はわかっていても、やはり楽しいです。
     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入