• カテゴリー別アーカイブ 小説
  • レビュー » 小説
  • 聖換天使エクスラグナ


     
     
     
     強気な少女が犯される。

     邪悪な敵と戦うためには、消費するエネルギーの補給が必要。
     その回復方法はエッチという、まあよく見かけるですが、これがまたいい。

     嫌がりながらフェラチオしたり、処女を捧げるシーンがたまらないのです。

     エネルギー補給のためには、キモ男は必要な人物。

     だから、どうにもできない。

     戦って、帰ってきて、補給というなの調教を必ず受ける。

     「あれ? もも、もしかして感じたの?」
     「そんなわけないでしょ」

     強気な性格でありながら、不本意なエッチを我慢している姿がたまりません。

     最初の方にあるキスシーンとフェラチオシーンが、特に黒塚のお気に入りです。

     本当は嫌だけど我慢している気持ちがきちんと描写されていて、
     それでいてペニスに口付けを行う。肉棒をよーく舐めて、咥えて奉仕する。

     たまらない一作でした。
     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入