• カテゴリー別アーカイブ ゲーム作品
  • レビュー » ゲーム作品
  • 救世主?ラルカ~羞恥心が世界を救う!?~


     
     

     なんともはや羞恥ゲームです。
     
     
     
     ひょんなことから、主人公ラルカは「こころの杖」に選ばれてしまい、人々の平和を守り、戦うことになっていくものの、杖の力を最大に引き出すには「羞恥心」が必要だった!
     
     
     そういったわけで行われる羞恥プレイ。
     
     
     

     
     
     
     ポイントは町中を移動して、どこでプレイを開始するかが決められるところですね。住民の視線が多ければ多いほど見つかりやすく、安全な場所であればあるほど、心理的な羞恥とスリルが下がるため、獲得できる魔力も減る。といった具合なゲームであり、なかなかに楽しめました。
     
     惜しむらくは、もっと「○○のようなプレイがあればよかったのに!」という点ですね。
     
     黒塚の場合、羞恥を名乗るからには、本番よりも他に優先するべきことがある!
     という考え方ですから、安易に野外セックスを行ったのは頂けない。
     確かに、人に見つかるかもしれない場所で性交、挿入、まあ羞恥と言えなくはない。
     
     しかし、やっぱりパンツが見えそうで見えないミニスカで徘徊させられたり、ノーパンで歩かされたり、不本意に露出を強要される方が羞恥性は高いと思いますし、黒塚的にはプレイ内容の羞恥度が必ずしも優れていたとはいえません。ただ、羞恥を売りにしようという気持ちを持ち、キャッチフレーズでも羞恥と銘打つ作品はそう多いわけではありませんし、何から何まで気に入らないばかりだったら、初めからレビューなんて書きません。

     犬のお散歩もありますし、買って損するってことはないですね。
     
     
     
    DLsiteで購入
     
     
     


  • 格闘令嬢カレン


     
     
     
     道場破りに来た金髪令嬢を主人公が返り討ちに。
     そして、敗者はHな目に遭うflashアニメーション作品。
     
     

     
     
     中に出されてちょっと睨み返してる顔大好きです。
     
     

     
     
     蹴り技で見えるパンツ。
     中出し後は汁も出ているのがいいですね。
     
     


     
     
     このように強気なのを無理矢理犯すシチュですが、
     エンディングにはいくつか分岐があります。

     面白いのは、バトル中のH技があることですね。

     相手が脚を上げた途端に挿入!
     
     

     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入
     
     


  • 極煌戦姫ミストルティア


     
     
     

     横スクロールアクションゲームです。

     戦闘員が仮面ライダーRXのチャップに似ている・・・?

     まあそれはどうでもいいとして、とても面白かったです。

     いえ、まあ黒塚でレビューするにしては羞恥ってわけでもありませんが、
     
     


     
     
     
    このポーズを取らせてですね。

     
     
     

     
     
      「可愛いあそこがみえているど。ぶっひっひ。
       いつまでもみでいだぐなるほど、かわいらじいあぞごだなぁ」

      「やだ! み……みないでっ! お願いだから……見ちゃ駄目ぇえっ!!」

     と、このように恥じらっているHイベントがあったときは、買って得した気分になりました。

     もっとも、このあとすぐに陵辱なので、羞恥を目当てに買うのは危険ですが。
     
     
     

     
     
     

     変身ヒロインが敵に犯されている姿はやはりそそる。

     敵も狼怪人だったり蜘蛛怪人だったりするのもあり、
     まさにヒーローが陵辱されている感じはなかなかいい。

     それに主人公が強気なのがとてもいい。

     段階的に堕ちこそしてしまうのですが、Hシーンに入って挿入される直前になったりすると、
     相手を睨み返していることがテキスト上で描写され、
    「私は負けてなんかいない!」「許さない!」
     といったボイスを聞くことができるのです。

     そんなミストルティアの中に肉棒が入る瞬間はたまらない。

     「こんなの痛いだけよ!」

     なんて台詞があったりするのもいいですね。

     もっとも、黒塚の趣向に完全には合致しません。

     挿入されてから、何ピストンされても相手を睨み返すようじゃないと。
     感じさせられたり、喘がされても強気を崩さないくらいじゃないと。

     この辺りの願いは叶わずでしたが、それでも睨み顔のCGがいくらかあったので喜ばしい限り。
     
     
     



     
     
     
     それと、ステージ上でズコバコされるドット絵が見られるのは敗北した場合です。
     他の横スクロールアクションだと、服の破けた状態で敵と接触すれば陵辱アニメになったりしていますが、
     このゲームだとHPが0にされたタイミングじゃないと駄目のようです。

     ストーリーとしては、突如として起こる事件に仲の良い姉妹が巻き込まれ、離れ離れになってしまう内容で、要は巻き込まれ的な主人公ということになります。気を失い、目覚めた場所は秘密組織の基地の中で、プロフェッサーは世界征服を狙っているなど、設定周りは昭和ライダーだったり。

     妹を救うため、というのが物語的な目標。

     しかし、その道中で巻き込まれた人々を救ったり、
     きちんと正義感のある娘なのがまたツボでした。
     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入
     
     
     


  • NAKED ORDER


     
     
     
    ウディタという本来RPGを作るためのソフトを使用しているようですが、 実際はRPGとは別ゲーです。

    内容は裸の女主人公を操作して、見つかったり捕まらないよう注意しながらミッションをこなしていくゲームです。

    命令はマップ上に落ちていて、それを拾っていくことでミッションを解放する仕組み。

    例えば夜の学校に侵入し、教室でオナニーをしろというミッションがあるのですが、 学校内には警備員が徘徊しています。見つかってしまうとミッション失敗となり・・・・・みたいな。

    ミッション内容はほとんどが恥ずかしい命令で締められていて、羞恥チックなものも割りに含まれていると思います。 まあ羞恥心ばかり描写しているわけでなく、見られることが気持ちよくなったり、 街中で悪い男に捕まり陵辱されるイベントもあるので、羞恥要素のみを期待できるタイプではありませんが。

    放尿しろ、なんて命令もあるのでぐっときました。

    しかもこのゲーム、立ち絵が常時表示されています(設定により邪魔な場合は非表示にできる)

    それがアニメのように動くのです。

    通常歩行の場合は全裸ランニング。

    コマンドにより四つん這い歩行をする場合は、その四つん這いのお尻がこっちに向くのです。 で、アニメになっているわけですから、お尻が左右にフリフリ動くのです。

    たまりません。

    これは本当におススメです。

     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入


  • すごろくネイキッドAP


     
     

     すごろくネイキッドのアペンドパッチ!

     この作品は『すごろくネイキッド』の追加エピソードになりますが、
     その追加分はCG集の形式によっても収録されているため、
     元のゲームを未購入でも楽しめることは楽しめる内容です。

     三つのエピソードのうち、1本はがっつり本番となっていますが、
     2本は衆人環視の中で裸体を強要される内容となっています。
     性教育の教材扱いされて、みんなにアソコの穴まで観察される定番のシチュエーションは、
     やっぱり本当にそそります。
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入
     
     


  • すごろくネイキッド


     
     
     
     羞恥ゲームです。

     全裸で町を歩くだなんて、羞恥以外の何物でもありません。

     販売ページの記載においてもこうですよ・・・?

      罰ゲームで強制ストリップ&ストリーキング。
      ヒロインに露出趣味はありません。
      常識崩壊や催眠などの人格操作ではありません。
      最後まで羞恥心とプライドがあります。
      (販売ページの商品紹介文より)
     
     

     
     

     ちなみにスゴロクゲームなのですが、単にサイコロを振るというより、
     ちょっとしたカード要素が導入されています。
     
     

     
     

     カードにサイコロの目が付いており、天使や悪魔のカードで強い種類を出せば勝ち。
     カードを使ったジャンケンといえばわかりやすいでしょうか。
     
     

     
     
     
     勝てばルリちゃんのHPが減少して、HPに応じて脱衣。
     Hイベントのマスに止まれば、当然さらに『恥ずかしい』目に・・・・
     
     
     そのイベントシーンの内容も、知り合いに見つかって視姦される。
     教師にアソコをジロジロ観察されたり、全裸で自販機のジュースを買う。
     コンビニの前を通るとき、たまたま出てきた店員に見られてしまった!
     
     といった羞恥の名に恥じないシーンばっかり!
     
     
     全裸でバイブを買いに行かせるなんていうのもありましたねぇ・・・・
     
     

     

      

     
     
     立ち絵が全裸に近づいていくのはもちろん、
     歩行グラフィックの方も手で隠していて可愛い。
     
     

     
     

     自ら脱ぐのを待ってあげるか、手伝ってあげちゃうか。
     それを選択できるという素晴らしさ――
     
     

     
    ネクタイ、靴、靴下のON・OFFの選択なんかも可能です。
     
     
     

     
    条件イベントで四つん這い歩行までしちゃったり
     
     
     
     
     

     本番もちょこっとありますが、
     羞恥度を低めない程度のスパイスくらいの分量で、
     文句無しに羞恥マニアに向けた作品です。
     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入
     
     


  • ボクのカノジョがダレのモノかはサイコロできまる


     
     
     
     Hなスゴロクゲームの作品なのですが、これには羞恥シーンがありました。

     作品の題材からして、当然スケベマスに止まればヒロインはHな目に……。
     服を脱いで下さいといったマスがあるのは当たり前ですね。

     すると、衆人環視の中での脱衣となります。

     あらわとなった裸に対する感想・品評がヒロインに向けて飛ばされます。

     ただし、あれば良かったと思うのは、やはり女の子側の心理描写ですね。
     寝取られゲーということで、衆人環視ばかりかそこに彼氏がいる状況での露出ショー。

     ならば、あってもいいはずです。

     「こ、こんな大勢の前でなんて……!」
     「彼が見ているのに……!」

     といった心の声が少しでもあればよかったのですが。

     脱ぐ(動作の描写)
     品評(裸に対する衆人環視の声)

     主にあったのはこれくらい。

     いえ、目の前で彼女が脱ぐことへの彼氏の声もあったのですが……。

     それと、これはDLsiteのレビューにはありますが。

     ・周回前提なのにスキップ無し
     ・回想がCGのみ

     ということは、イベントをもう一度見るには再びゲームをやり、所定のマスに止まるしかありません。
     それは運要素が強いので、狙ったマスに都合良く止まるのが難しい。

     このゲーム的に残念な点は、同サークルの「ボクとカノジョとHな超能力者たち!」では改善されていました。

     ワンシーンだけですが、超能力者の方にはオッパイに聴診器という検査羞恥有り。

     
     
     
    DLsiteで購入
     
     


  • クベルの首枷病


     
     
     寝取られを売りにしたRPG作品なのですが、どうもDLsiteでの販売ページを見ると「羞恥」タグがついている。FANZAの方の販売ページには「野外・露出」タグがついている。これは気になる。絵柄も好み。とりあえず体験版をプレイしてみるに、最低のクズ男に犯されちゃう姿に興奮できたので購入しました。
     
     

     
     
     野外でオナニーをして、見つかりそうになりドキドキしちゃう!?
     
     
     とある「謎の遺跡」を調査に訪れるマジェタノだが、その際奥には危険な禁書が眠っていた。町長のバカ息子に遊び感覚で禁術をかけられ、従わざるを得ない状態にされてしまい、術の作用によって遺跡を歩いているだけで肉欲ゲージが溜まってしまう。これを解消しなければ、まともな探索などできやしない!
     
     


     
     
     しかも、本来のマジェタノはもっとチート級の魔力量を誇っており、魔物との戦闘で魔力切れを起こす心配などまずなかった。バカ息子にかけられた禁術のせいで、本当の実力を封印され、ハンデを背負った状態で遺跡を探索して、目的を達成しなくてはいけない。
     
     溜まっていく肉欲……。
     
     歩いているだけで下着が濡れ、股がウズウズする状態で、このままでは活動に支障が出る。溜まった肉欲ゲージを減らすためには当然エロいことをしなくてはならないが、その一つが野外でのオナニーとなる。
     
     見つかる!?
     
     そんな状況に置かれたマジェタノちゃんの姿は見物でした。
     
     
     では探索中に肉欲ゲージが溜まってしまうと?
     



     
     
     不本意なセックスが見たいというのが黒塚の趣味です。
     
     そういくと、ほかに好きな男がいるにも関わらず、クズな男に感じさせられ、気持ちよくされてしまう屈辱の姿は極上のもので、堕ち方が段階的であればそんなシーンを何度も見ることができる。
     
     
     NTRゲーとしても評価がたかくおすすめの一品です。
     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入


  • 彼女の媚肉が堕ちるまで


     
     
    強気なお姉さんが汚っさんに寝取られる。
     
     
     
    そのストーリーはヒロインの千晴が精神的に衰弱したところに付け込まれる内容です。
     
    千晴と出会い、お互いに惹かれ合い、付き合い始める二人なものの、主人公は教師を目指す勉強のために一時土地を離れてしまう。彼氏(主人公)のいない間にヒロインに悲劇が起こり、幼い弟が交通事故で入院したことがショックでダメージを受けてしまう。
     
     
    辛い彼女を支えてやるべき男はいない。

    メールが来ても、強がって弟の事故は隠してしまう。

    そんな千晴はやがて心労で酒に浸り、道端で泥酔する。

    倒れて意識のない千晴を襲うのは・・・・・。
     
     

     
     

    こんなにも汚い『汚ッサン』なのです。

     
     
     
    意識が朦朧として倒れていたところ、それを家まで運んであげる汚ッサンは、
    この絶好のチャンスを逃さすセックス!
     
     
     
     
    しかも、その後のオッサンの台詞は――
     
     
     
     
    「千晴ちゃんから誘ってきたんだぜぇ……?」
    「あん時や…自分から舌絡めてきてよぉ…♪激しかったぜぇ……♪」

     
     
     
     
     
     そんなん嘘です。
     オッサンが寝込みを襲ったのです。
     
     
     しかし、目が覚めたらオッサンの腕の中で目が覚めたという事実があり、おまけに酒で記憶が朦朧としていて、セックスをしてしまった証拠はあっても、嘘が嘘だとわかるものは何もない。ただただ、状況証拠とオッサンの台詞ばかりが突きつけられ、もうすっかりとヒロインが自分から誘ったんだということにされてしまう。
     
     

     
      
     相手は見た目からして汚らしいオッサンで、日頃からスケベな視線を向けていたいやらしい奴です。そんな奴を相手に自分から誘ったなんて、いくらなんでもありえない。元が強気なお姉さんだから、そうやって言い返しはするものの……。
     
     
     それでもオッサンに言い負かされ、「どー考えても千晴ちゃんがわりぃよなぁ」とまで言い残され、過ちを犯してしまった罪悪感に打ちのめされる。
     
     
     あとは弱みに付け込まれ、だんだん堕とされてわけだが。
     
     


     
     

     元が強気なヒロインであり、オッサンのことは毛虫のごとく嫌っていた。
     
     
     堕ち始めていても、完璧に堕ちきるまでは、嫌がる気持ちが残っているんですねぇ?
     
     
     
     初めてオッサンとした際、千晴ちゃんは意識がはっきりしていません。二回目できちんとチンポの太さだとかを意識的に感じ取るわけですが、想像より気持ちいいものを入れられての反応が素晴らしい。

     ちょっとは強気な言葉を返すけど、それでもどこか快楽に流されていて、というこの具合が黒塚の好みにマッチしました。
     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入
     
     


  • 恥辱アイドル咲希はるか


     
     
     今までに比べると肉棒の出番が多かったように思います。

     もちろん羞恥作品でした。

    ・下着プロデュースのため、大勢に男性に囲まれて、全裸をくまなく採寸される。
    ・身体検査で尻の穴に指を挿入される。
    ・全裸オークションに出品される。

     他にもイベント内容はアイドル設定を生かしたもので、なかなか良かったものですが……。

     ちょっと本番回数が・・・・・・・

     一見、肌を出す羽目になって恥ずかしいだけで済みそうなイベントでも、例えば裸を変わらないじゃないかという民族衣装を着ることになる時も、それじゃあ服の雑音が入るから下着姿になれと言われるラジオ出演の時も、最終的に肉棒が登場するのが何ともいえない気持ちでした。

     羞恥作品はやっぱり、あまり肉棒は出さない方がよいのでは?

     と、思っている黒塚です。

     セックスはあくまでセックス

     それは羞恥ではないと思う黒塚なので、個人的には過去作の方が好きでした。

     特に「 優良健康生徒審査会の記録 」は本番一切無しで終わります。

     とはいえ、クイズのイベントはとてもよかったと思います。

     不正解で脱衣というルールで、下ネタ的な問題を振られて下品な単語を口にする羽目に。

     例えば「Hになるほど硬くなるものは?(A:えんぴつ)」みたいな引っかけ問題を一度は聞いたことがあるかと思いますが、そういう下ネタ引っかけのせいで、せっかく勇気を出して、頑張って淫語を声に出したというのに、不正解になってしまう悲しさ・・・・・・・。

     黒塚の中では、あの時の咲希はるかが一番可愛かったと思います。
     
     
     
    FANZAで購入DLsiteで購入